2007年10月

いまこのときを魅力的に生き抜く8つのヒント

スレに書き込まれたコメントへのレスです。
恋愛にとらわれないテーマのやり取りになりそうでしたので、
スレには一部のみ投稿し、残りはこちらのブログに掲載します。


>>471
あなたの書き込み(それともコピペ?)は面白いなあ!いちいち考えてみた。(ワト)

>・競争社会は「敗者を大量生産するシステム」であり、勝っても負けても
>幸福感を味わえないシステムが競争原理である。??

→ 競争は、俺たち人間が生まれながらに持つエネルギーの「呼び水」みた
いなものって思うんだぜ。


>・勝者は何かと競争をせずにはいられず、見えない敵と延々と戦い続け、
>いつかは敗れる。??

→ 戦い続けなければならない人は「勝者」とはいえないんじゃないかな~。


>・ほんの一握りの富と権力のある人間が、競争原理システムを広く一般に
>植え付け、走り続けさせている。??

→ ありうる。けれど、一方的にコントロールしようとしてコントロール
できるものでもないんじゃないかな。コントロールされる側もそれを望んで
いるからこそって思ったりもするんだぜ。


>・「成功法則本」は「人生の成功=競争に勝つ」「競争に勝つ=幸福」と
>いう稚拙な論理を謳い、? 「自己実現=自己だけ実現」を謳い、他人など
>知らぬという人間を「成功者」とする論理を強制する。??

→ 自分だけが幸せであり続ける、なんてことはたぶん無理と思うんだぜ。


>・「成功法則本」が紙や手帳に書けと謳う「夢」や「目標」はニセモノで
>ある。 本当の「夢」や「目標」であれば、書かずとも脇目もふらず突き
>進む。??

→ なるほど~。ただ、自分の意識を制御する、手綱をくる意味では、夢や
目標を書き出すってのは、なかなかに良い手法なんじゃないかと思うんだ。


>・「自己実現」「自己啓発」のプログラムは、奴隷や軍隊の兵士を養成
>するプログラムとして開発されたものである。?「突撃せよ!」と命令
>する人間の養成プログラムではなく、それに反応して自ら進んで突撃する
>人間を養成するためのものだ。??

→ なるほど、ありうる。盲信は高くつくぜ。


>・「自己実現」「自己啓発」プログラムの怖さは、これを広めている人間
>自体が発案者ではなく、”従順な兵士”であることである。??

→ 結局は、自分で判断するしかないやね。


>・「お金が欲しい=飢え死にすることを恐れる」という生命維持の基本
>欲求を追う時代は既に終わっている。??今は「お金が欲しい=幸せに
>なるため」という稚拙な論理が、”従順な兵士”により広められて
>いる。??彼らの”洗脳”から自らの精神を解き放つことから、本当の
>幸せが始まる。??

→ 自分以外の誰か・何かに依存して生きる気持ち悪さはごまかせないと
思うんだ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。