本当にイイ女を恋人にする

近ごろモテキの私?(あるいは勘ちがい)

自分でこんなことを書くのはおかしい。自覚はある。その上であえて書くのだが、

最近、妙にモテるようになった。

異常なほどである。私がこんなにモテるのはおかしい。

たとえばこんなことがあった。


職場の集まりで飲み会があった。男性が多い集団なのだが女性陣もいる。
若い男どもが多い。女性陣の年齢層は幅広く、美人だったり可愛いひとが多い。さいわいなことにそんな職場である。

宴も進めば、女性陣の多いテーブルには若い男どもが群がる。なかには、はっと目を引くような美人さんもいるのだ。
これを機にお近づきになりたい、という気持ちは同じ男として当然だろう。よく分かる。できれば自分もそうしたい。
しかし、そういう年でもない(若くもない)し、柄でもない。なので、僕は気の合う仕事仲間と隅っこで静かに酒を呑んでいる。


前にも書いたが、僕の好みは、きれいで可愛くて賢くて、ちょっと気の強い女性である。

女性は花だとつくづく思う。蜂が花に群がるような光景が目の前で繰り広げられているわけだが。花である彼女たちが、酔って上機嫌の仲間たちに囲まれて楽しそうにしているのを遠目で眺めているだけで、僕は酒をおいしく飲める。
なんだか好々爺っぽいことを書いているが、実際こんな感じだった。


で、そろそろお開き、となって皆が席を立ち、会場がまばらになった。さて自分も帰るか、とコートを手に取った。そのとき、あの美人さんがやってきて、僕にいうのである。

「○○さん、これから私たち二次会に行くのですけれど、よろしかったら一緒にいかがですか?」

ええ、喜んで。とはいったものの内心、

(えっ何?)

と思った。

外は雨である。

「私、傘忘れてしまいました。○○さん、傘に入れてくれませんか」と、美人さん。

彼女とは何度か一緒に仕事したこともあった。しかしただそれだけである。
何だろうこの展開は?と素で思った。ドッキリカメラか。いやそれは時代が違う。


二次会の会場は小さな女子会といった風情。そこに僕ひとり。女性陣のなかの姉御肌の人がいうには「この子たちは皆あなたと飲みたいって言ってたの」と。

※続きます。
スポンサーサイト

ファンレターをいただきました。女子の方からです。

2012年1月

2ちゃんのスレ見てファンになりました!ちなみに女子です!

---
2012年1月
Re: ワトソンです。メッセージをありがとう

ワトソンです。こんばんは。

女性の方にも読んでいただけるとは。嬉しい驚きです。

どうやら考え方にも正しいものと正しくないものがあるらしい、と思い至り、こんなスレを立てました。
この世界そのものが僕たちにとっての教師なのかもしれないな、なんてことを最近感じます。

近々メルマガも配信したいと思っています。テーマは「この頃モテ期の私」です。
もしご興味がおありでしたら改めてご登録くださいね。

このたびはメッセージをどうもありがとう。

---
2012年2月
Re: こちらこそ、返信ありがとうございます

以前メッセージ送った者です。

ワトソンさんからこんなに丁寧に返信いただけるとは!びっくりです。ありがとうございます。

ワトソンさんの言葉は、女子でも参考になることが多いです。
たくさん勉強させていただいております。これからも楽しみにしてます!

いまこのときを魅力的に生き抜く8つのヒント

スレに書き込まれたコメントへのレスです。
恋愛にとらわれないテーマのやり取りになりそうでしたので、
スレには一部のみ投稿し、残りはこちらのブログに掲載します。


>>471
あなたの書き込み(それともコピペ?)は面白いなあ!いちいち考えてみた。(ワト)

>・競争社会は「敗者を大量生産するシステム」であり、勝っても負けても
>幸福感を味わえないシステムが競争原理である。??

→ 競争は、俺たち人間が生まれながらに持つエネルギーの「呼び水」みた
いなものって思うんだぜ。


>・勝者は何かと競争をせずにはいられず、見えない敵と延々と戦い続け、
>いつかは敗れる。??

→ 戦い続けなければならない人は「勝者」とはいえないんじゃないかな~。


>・ほんの一握りの富と権力のある人間が、競争原理システムを広く一般に
>植え付け、走り続けさせている。??

→ ありうる。けれど、一方的にコントロールしようとしてコントロール
できるものでもないんじゃないかな。コントロールされる側もそれを望んで
いるからこそって思ったりもするんだぜ。


>・「成功法則本」は「人生の成功=競争に勝つ」「競争に勝つ=幸福」と
>いう稚拙な論理を謳い、? 「自己実現=自己だけ実現」を謳い、他人など
>知らぬという人間を「成功者」とする論理を強制する。??

→ 自分だけが幸せであり続ける、なんてことはたぶん無理と思うんだぜ。


>・「成功法則本」が紙や手帳に書けと謳う「夢」や「目標」はニセモノで
>ある。 本当の「夢」や「目標」であれば、書かずとも脇目もふらず突き
>進む。??

→ なるほど~。ただ、自分の意識を制御する、手綱をくる意味では、夢や
目標を書き出すってのは、なかなかに良い手法なんじゃないかと思うんだ。


>・「自己実現」「自己啓発」のプログラムは、奴隷や軍隊の兵士を養成
>するプログラムとして開発されたものである。?「突撃せよ!」と命令
>する人間の養成プログラムではなく、それに反応して自ら進んで突撃する
>人間を養成するためのものだ。??

→ なるほど、ありうる。盲信は高くつくぜ。


>・「自己実現」「自己啓発」プログラムの怖さは、これを広めている人間
>自体が発案者ではなく、”従順な兵士”であることである。??

→ 結局は、自分で判断するしかないやね。


>・「お金が欲しい=飢え死にすることを恐れる」という生命維持の基本
>欲求を追う時代は既に終わっている。??今は「お金が欲しい=幸せに
>なるため」という稚拙な論理が、”従順な兵士”により広められて
>いる。??彼らの”洗脳”から自らの精神を解き放つことから、本当の
>幸せが始まる。??

→ 自分以外の誰か・何かに依存して生きる気持ち悪さはごまかせないと
思うんだ。

今からそうする

☆【メッセージ】なんだこれは。
素晴らしいぜ>>1よ!
俺もそうする!今からそうする。
今日を懸命に生きる男にハズレ無しということか?
確かにいい男は仕事に一生懸命だし、そういう奴は目が違う。

★【ワトソンより】ありがとう。「今からそうする!」っていいことばだなぁ。
今を一生懸命に生きてる奴らは目も違うし存在感もまるで違う。
思うに、本当にイイ女って、そういう男を見逃すわけがないんだ。

何度も助けられたことば の話

-------------------------------------------------------------------
【メッセージ】なるほど、
1.自分にふさわしいものを引き寄せるの法則
2.意識を向けるものは成長するの法則
か。

1の法則はすごいね。
やみくもに求めるよりも求められる男になれっつーことか。
思えば俺の20代の失態は、これを怠ったことが原因だったように思うよ。
とにかく出会いを求めて彷徨ってたからな~
でも2はかなり難しいぞ。
今の俺の状況がまさにそうだ。
自然に向いてしまった意識を意識的にそらすということは
かなりの意志の強さがないとできない。
それができることで自分をコントロールできる「イイ男」にステップアップするんだろうがね。
-------------------------------------------------------------------

【ワトソンより】共感していただけたようで嬉しい。
これだけでもスレ立てた甲斐があった。

余計なお世話かもしれないけれど、俺はよく、

「今こうなっている現実は、自分にとって必要で必然でベストなこと
だったんだ」

という風に仮にでも考えるようにしている。

で、「じゃあ、世界は、今ここで、俺に、何を学んで欲しいと思っている
んだろう?」なんていう風に問いかけてみると、

一見ネガティブな出来事も、良い学びの機会に変わってしまったりする。

俺の場合、これで何度も助けられた。

コンプレックスさえ克服できれば・・・

30 :('∀`):2007/07/14(土) 04:16:04
コンプレックスが激しくどうしても克服できない


それさえ克服できれば。。。



38 :ワトソン ◆q3gcbzT5N2 :2007/07/14(土) 12:17:06
>>30
俺にもコンプレックスは山ほどあるよ。
けどコンプレックスって、うまく使えば「なにくそ」っていうバネにもなると
思うんだ。



33 :('∀`):2007/07/14(土) 07:29:09
コンプレックスはまぁ見た目のことですね。
後天的なものなのでそのコンプが発生してから一気に消極的になってしまいましたね。


だからそれを克服しないといい男にはなれないでしょうね。


女がどう思うかという以前に、自分で受け入れられないんですよね。
気にするなと自分に言い聞かせてはいるんだけども。



39 :ワトソン ◆q3gcbzT5N2 :2007/07/14(土) 12:20:07
>>33
俺にもコンプレックスがあった。背が低いっていうね。


俺はどうしてこんなにチビなんだ、って悩んでいた頃は、そのまんま
だった。


けれど、他にやるべきことができてそっちに集中していたら、悩むヒマも
なくなった。


で、気がついたらそのコンプレックスは消えていたな~。



また、就職してからは仕事ができない・評価が最悪っていう深刻な状態に
陥った。


「できない男」っていうコンプレックス(といか劣等感)は、実にキツかった。


けれど悩む暇がないくらい、やるべき仕事に没頭していたら、そっちの
コンプレックスも、いつの間にか消えていた。



40 :ワトソン ◆q3gcbzT5N2 :2007/07/14(土) 12:21:13
思うに、
「意識を向けるものは成長するの法則」
なんてのも、あるような気がする。


ということは、逆に消滅させたいものには意識というエネルギーを
向けない、というのが効果がありそうに思う。


「意識を向けない」というのは意外にむつかしいので、俺の場合は、
意識を別の方向に向けて、そっちに没頭する、という方法を用いている。


具体的には、悩んでもしょうがないことは、この際忘れる。
そんで、今ここでやるべきこと(っていうのは必ずあるはずだから)に
没入する。


するとたいてい、気がついたら難点・問題点は消えてしまっているという
パターンが多かったような気がするな~。


負ケルナ。



44 :かっつ:2007/07/14(土) 13:18:20
おぉぉ、いつの間にかこんなに進んでたのか。


なるほど、
1.自分にふさわしいものを引き寄せるの法則
2.意識を向けるものは成長するの法則
か。


1の法則はすごいね。
やみくもに求めるよりも求められる男になれっつーことか。
思えば俺の20代の失態は、これを怠ったことが原因だったように思うよ。
とにかく出会いを求めて彷徨ってたからな~
でも2はかなり難しいぞ。
今の俺の状況がまさにそうだ。
自然に向いてしまった意識を意識的にそらすということは
かなりの意志の強さがないとできない。
それができることで自分をコントロールできる「イイ男」にステップアップするんだろうがね。


48 :ワトソン ◆q3gcbzT5N2 :2007/07/15(日) 08:31:02
>>44
おお、共感していただけたようで嬉しい。
これだけでもスレ立てた甲斐があった。



余計なお世話かもしれないけれど、俺はよく、


「今こうなっている現実は、自分にとって必要で必然でベストなこと
だったんだ」


という風に仮にでも考えるようにしている。


で、「じゃあ、世界は、今ここで、俺に、何を学んで欲しいと思っている
んだろう?」なんていう風に問いかけてみると、


一見ネガティブな出来事も、良い学びの機会に変わってしまったりする。


俺の場合、これで何度も助けられた。


 

いろいろあって

8 :かっつ:2007/07/13(金) 20:35:48
>ワトソンさん


なんか俺と似た経験をしてるね。
俺も10代20代と女っ気のない不遇の青春時代を過ごしたよ。
かろうじで24のときに童貞は捨てたが、あとは片思いかフラれる連続。
ホントダメダメだったわ。
30過ぎてラッキーにも11歳下のコと付き合うことができて2年半続いたが去年破局。
35の今はまた昔に逆通りさ。


まず


>それが、ある日、あるところで、ある女性と出逢い、


>いろいろあって付き合うようになり、


>さらに、これまたいろいろあって・・・


>結婚するにいたる。


ここらへんをちょいと詳しく知りたい。


 



14 :ワトソン ◆q3gcbzT5N2 :2007/07/13(金) 23:39:57
>>8
おお仲間に出会えて嬉しいですよ。こんばんは。
では少々詳しいお話をば。


1.>それが、ある日、あるところで、ある女性と出逢い、


彼女と初めて出逢ったのは、俺の初めての職場でした。
仕事もろくにできない冴えない俺は、客観的に見ても、カッコ悪い男
でしたよ・・・


2.>いろいろあって付き合うようになり、


彼女が当時付き合っていたのは、実は職場の同僚にしてさらには俺の親友
だったのさ・・・


3.>さらに、これまたいろいろあって・・・


きれいな三角関係の中、楽しく遊びにいったりしてね。
で、ある日彼女が夜中、泣きながら電話して来たりしてね・・・


>結婚するにいたる。


婚約はしたものの結婚式の間際になって式は挙げたくない、なんて
ごね初めたりしてね・・・


人生は意外とハードな学校だなあ、なんて痛感したものなのさ。



・・・と、まあ、話せばどこまでも長くなってしまうものなのさ。



これ以外にも、もし興味がおありなら、具体的に質問しておくれ。
答えられる範囲内でお応えしますよ。



18 :かっつ:2007/07/13(金) 23:51:30
>>14
レス待ってました!
なるほど、数々の壁を乗り越えた末の結果というわけだね。
そら幸せだわ。
そもそも、なぜ彼氏持ちの彼女がワトソンさんに向き始めたのかね?
そこらへんがスレの核心になってくるのかな?

プロフィール(ワトソン)

どうも。
いきなり自慢してるっぽくて申し訳ないんだけれど、 俺の嫁さんって、なかなか良い女なんデス。


まあ正直、自分にとってもったいないくらいの女性だと思ってる。


自己紹介すると、自分、ハタチのころは、彼女いない暦20年(=年齢) だった。


その後、ひとりの女性と付き合ったけれど、2年目を待たずに破局。 それからの5年間は、ふたたび彼女ナシの時代が続いたりしてた。


かわいい子と付き合いたいっていう欲求はもちろんあったから、 いろんな女性にアプローチしてみたけれど、ことごとくフラれ続けた。


・・・こうしてふり返ってみると、20代の後半まで、人生のほとんどを 独りさびしく過ごしてきた男だったんだなあ、としんみり思ったりする。


で、客観的に自分をかえりみても、


引っ込み思案だし、
口下手だし、
体育会系というよりは明らかに文化系、
それに、これといった特技もなし。


それが、ある日、あるところで、ある女性と出逢い、いろいろあって付き合うようになり、さらに、これまたいろいろあって・・・
結婚するにいたる。


そして今、結婚して早6年。今も仲良くすごせている、と思う。特に悩むところもなく、幸せだ、とも思う。


しつこいようだけれど、今の自分の嫁さんは、自分にはもったいない
くらいのすばらしい女性なんだ。(俺が結婚を申し込む前には、3人の男からプロポーズされていたらしい。あとで聞いた)


で、俺の辛口の友人連中も 「(披露宴で見たけど)お前の奥さん、かわいいよなあ」とかいってくれるほどだから、たぶん世の中一般にも通用する、いわゆる「イイ女」らしい。
自分の思い込みだけじゃあない、とは思う。


ところでなぜ自分のようなホンモノの恋愛下手が、「多くのライバルを蹴散らして」(彼女の上司・談)、そんな女性を花嫁に迎えることができたのか?


当時は、自分でもまったく分からなかったけれど、いくつかコツ、というかポイントのようなものがあったように思う。


たいしたことは書けないかもしれないけれど、こんな自分でよければ、自分なりにつかんだ 「素敵な女性・イイ女と縁を結ぶ方法」のようなものを酔狂にも語ってみたい、と思いついた。(いま飲んでる。まさに酔狂)


そんなわけで、思いつきで立ち上げたこのブログ、ご期待に沿えるかどうかは 分からんけれど、興味がある方は何でも質問してみておくれ。


→ コメント欄へお気軽に、どぞ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。